shop blog

アクタス・おおたかの森店 アクタス・おおたかの森店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒270-0121 千葉県流山市西初石6-185-2 流山おおたかの森S・C 2F
TEL
04-7178-5671
OPEN
10:00~21:00 / 不定休

Posts Tagged ‘メンテナンス’

おおたかの森店のブログをご覧頂いている皆様。

明けましておめでとうございます。

 

おおたかの森店、ブログ担当Tです。

 

皆さまは充実した年末年始をお過ごし頂きましたでしょうか?

私も忘年会からの新年会で、若干お腹の肉が厚みを増した気がします。

 

 

さて、今回はちょっと家具のメンテナンスキットに関してフォーカスを当ててみましょう。

 

年末の大掃除でメンテナンスをされた方も、実はちょっとサボっちゃった方も

是非参考にして下さい。

 

IMG_7249
 

こちらが、おおたかの森店にてお取り扱いしている、

オイル仕上げ用、ソープ仕上げ用のメンテナンスキットです。

 

オイル仕上げ用というだけでこれだけの種類があります。

 

ではまず一つ目はアクタスオリジナルのキットからご紹介します。

 

IMG_7251
 

オリジナルのオイル仕上げ用メンテナンスキットは、

オイル成分を半練り状にしたワックスタイプです。

付属品として、サンドペーパーとウェス(布)が付いています。

 

ワックスタイプなので液だれが無く、とても使用しやすいのが特徴です。

 

無着色のタイプなので、どの木材にもお使い頂くことが出来ます。

 

価格は¥2,700(税抜き)です。

 

 

続いては、RENダイニングテーブルなどを作成して頂いている、

アカセ木工さんのメンテナンスキットです。

 

IMG_7252
 

アカセ木工さんオリジナルブランドのMASTER WALシリーズとして、

キットが大変充実しています。

 

メインのオイルは2種類、通常のメンテナンス用の無着色タイプと、

サンドペーパーを掛けた後に使用する着色オイルです。

 

そしてこちらのキットにはテーブルのサンドペーパーを掛ける際に重要な『当て木』と、

サンドペーパー、ウェスが付属しています。

 

サンドペーパーを当て木に巻きつけて使用する事により、テーブルを均一に削る事が出来ます。

 

この充実したキットのお値段は¥4,000(税抜き)です。

 

 

次はBOSCOシリーズを展開する朝日木材加工さんのメンテナンスキットです。

 

IMG_7253
 

こちらもアカセ木工さんと同じく、無着色のオイルと着色オイルの2種類が付属しています。

 

BOSCOシリーズはテーブル天板などは突き板のため、

サンドペーパーでヤスリ掛けする事は出来ませんが、

変わりに研磨用のスコッチが付属しています。

 

すり傷やシミなどが出来てしまった場合には、突き板を削りすぎないように

表面を撫でる様に研磨した後、着色オイルを使用して補修をする事が出来ます。

 

価格は¥2,800(税抜き)です。

 

 

最後に、アクタスオリジナルのソープメンテナンスキットです。

 

IMG_7262
 

ソープ仕上げの商品で有名なのはお尻の形をしたシューメーカースツール、

CH24Yチェアの一般的な仕上げもソープ仕上げです。

 

付属品は石鹸、スポンジ、サンドペーパー、ウェス。

 

ソープ仕上げの特徴は、石鹸水で丸洗いが出来ること。

 

石鹸水を作ったら手早く家具を洗い、乾燥後にサンドペーパーを掛けます。

石鹸に含まれる油分によって、オイル仕上げのように木の表面部分の保護をしています。

 

価格は¥1,300(税抜き)です。

 

 

以上が、おおたかの森店にてお取り扱いしている木工製品用のメンテナンスキットです。

 

 

1点、重要な事をお伝えします。

 

キットに付属しているウェスですが、1回ご使用頂きましたら直ぐに水に浸して、

燃えるごみに出してください。

 

オイルは可燃性ですので、勿体無いからといって保管しますと自然発火の恐れがあります。

 

ウェスはTシャツの古くなったものでも結構ですので、ウェスを使用後は直ぐに捨てる!

これを絶対にお守り下さい。

 

 

さて、最後に皆さまに嬉しいお知らせを。

 

年始SALEにて大変ご好評を頂きました、

レザーソファのSALE価格延長が決定致しました!

 

IMG_7261
 

セール期間中に決め切れなかった!!

そういうお客様は是非、もう一度お立ち寄り下さい。

 

IMG_7258
 

セール価格でのご案内は1月31日までとなります。

 

IMG_7260
 

 

また、20日からはファイナルセールも開催されます。

 

店内入れ替え商品の展示現品など、お得な商品を多数ご用意する予定です。

是非お楽しみに。

 

 

スタッフTでした。

 

おおたかの森ブログをご覧の皆さま、こんにちは。

 

早くも11月も下旬になり、そろそろ年末が見えてまいりましたが、

皆様は大掃除の計画は練られておりますか?

お家の大掃除とご一緒に、家具のお手入れも是非忘れずにお願い致します。

 

丁度、乾燥するこの時期は、実は人間だけではなく、

木の家具やレザーの家具も乾燥しているのです。

 

ということで本日は、アクタスで取り扱っている代表的な

家具のメンテナンス商品とメンテナンスの方法を簡単にご紹介させて頂きます。

 

 

IMG_6880
 

木製のダイニングテーブルやデスクなど、オイル仕上げ製品に!

オイル仕上げ用ワックス

 

日々のご使用で、木の表面がざらつきや汚れやキズがついたときに

ご使用頂ける透明のワックスで、どんな色の木家具にも使える万能ワックスです。

 

お手入れ方法は、

①補修したいところを中心にサンドペーパーで磨きます。

②木の粉をよくふき取った後、布にワックスを付けて薄く塗りこみます。

③乾拭きし、1日~2日程ベタつきがなくなるまで十分に乾かしたら完成です!

 

こちらでお手入れをすると、木目が活き、汚れの付着を防いでくれます!

 

 

IMG_6882
 

レザーソファーやレザーのチェアに!

レザーケアキット  クリーナー・プロテクター

 

クリーナーは皮革に付着した汚れを落とすのに用います。

こちらの商品は皮革製品に最も負担の少ない水生タイプのクリーナーで、

定期的に使用することで汚れの蓄積を防ぐことが出来ます。

 

ご使用方法は、

①布やブラシでチリやホコリをとります。

②スポンジにクリーナーを少量含ませ、優しく表面をこすります。

③毛穴の中に入り込んだ汚れが浮き上がってくるので、柔らかい布でふき取り、

自然乾燥させてください。

 

ポイントは、強くこすらないことです!

レザーを傷つけてしまいますのでご注意下さい!

 

 

セットのプロテクターは、皮革製品の保護、静電気の発生を抑えるほか、

紫外線による色あせを防いでくれます。

こちらはレザーの家具が届きましたら直ぐに!汚れてしまう前に!

新品の状態から使用されることをお勧め致します。

 

ご使用方法は、

①上記のレザークリーナーで汚れを落とし乾燥させます。

②プロテクターを布に少量含ませ、円を書くように表面にまんべんなく塗布します。

③30分程度乾燥させて、出来上がりです。

 

また、プロテクターを重ね塗りするとより高い効果が得られます。

特にソファーの座面や肘掛けなど人の手が触れるところは、

月に1回程度の頻度でお手入れすることをお薦め致します。

それ以外の場所は、3~4ヶ月に1回程度で大丈夫です。

 

 

IMG_6886
 

布張りソファーやラグに!

テキスタイルマスター  クリーナー・プロテクター

 

ソファーや絨毯の布製品のお手入れ用キットです。(天然繊維用)

 

こちらも使い方は簡単!

①チリやホコリを掃除機などで丁寧に取り除きます。

②クリーナを軽く湿るくらい均一に吹き付けます。

③ぬるま湯に湿らせた専用のグローブで汚れが取れるまで、繰り返しふき取ります。

必ず毎回グローブをゆすぎながらふき取ってください。

 

プロテクターの使用方法は、

①繊維の縦方向、横方向のクロスに均一に吹き付けます。

②自然乾燥、またはドライヤーで乾燥させます。

③乾燥したら掃除機をかけて綺麗にします。

 

 

IMG_6889
 

ファブリックプロテクター

こちらも布製品用ですが、ナイロンなどの合成繊維専用のプロテクターです。

 

ラグや、ソファーだけではなく、カーテンなどにもご使用いただけます。

紫外線による日焼けや誇りの付着防止に!

 

 

さてさて、いかがでしたでしょうか?

メンテナンスと聞くと、ご面倒に感じる方も多いかと思いますが、意外と手順は簡単で、

これらのお手入れをするのとしないのとでは、家具のもちが変わってまいります。

 

年末のお忙しい時期ですが、家具もお手入れをし、綺麗になったダイニングテーブルや

ソファーで新年を気持ちよく迎えてみてはいかがでしょうか。

 

お載せしたメンテナンス商品以外にもございます。

ご使用の製品に応じご案内させていただきます。

 

IMG_6895
 

またご使用にはそれぞれ、ご使用いただけない皮革製品や布製品もございますので、

お求めの際はお気軽にスタッフへご相談下さいませ。

 

それでは、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

A

 

 

to TOP