shop blog

アクタス・おおたかの森店 アクタス・おおたかの森店

< ショップ詳細に戻る

ADDRESS
〒270-0121 千葉県流山市西初石6-185-2 流山おおたかの森S・C 2F
TEL
04-7178-5671
OPEN
10:00~21:00 / 不定休
back

Posts Tagged ‘月刊テンチョー’

月刊テンチョー

date. 2018/04/06

皆さま、こんにちは。

あっという間に4月に突入しましたね。

 

3月は私の二人の子供たちの卒業式がありました。

ついこの間まで小さな子供だったのに、すっかり二人とも成長して

半分大人になってしまいました。嬉しい気持ちと、少し寂しい気持ちです。

 

そして卒業式の他、私事ですが3月に22回目の結婚記念日を迎えたため、

久々にかみさんとお出かけをしてきました。

 


 

代々木公園近くにある、「MEALS ARE DELIGHTFUL」というお店です。

 

食器のお店、食堂カフェ、実習や講義等を開催している研究所の

3つの直営店が入った建物となっています。

 

 

ひとまずご飯を食べるために2階のカフェへ。

 


 


 

店内はチェアーやテーブルなどの内装がユーズドでできており

こだわりを感じました。

 


 

ランチはコースとなっており、

それぞれを注文してみることにしました。

 


 


 


 

お料理もすべておいしかったのはもちろん、

器やお皿にもこだわりを感じ、目で見ていても楽しめました。

 

食器は1階のお店でも販売しているそうです。

 


 

かみさんはデザートも注文!おいしそう!

 

店内、家具、食器、スタッフの皆さん、どれを取っても心地よく、

私たち二人にとってとてものんびりとした時間を過ごすことができました。

 

 

その後、1階のお店に行ってみました。

 


 


 


 

実はこのお店はギフトショーやライフスタイル展で

いつも素敵なブースだなぁと思いながら見ていたため知っており、

我が家へ少しお土産も購入しました。

 

とっても大満足な一日でした!

 


 

皆さまも近くへ行ったみた際はぜひ立ち寄ってみてください。

 

 

アクタスおおたかの森店にも春の新作が続々と入荷してきておりますので、

ぜひいらしてください。

 

皆さまのご来店をお待ちしております。

 

 

Y

 

月刊テンチョー

date. 2018/01/26

皆さまこんにちは。

 

この間は関東圏内は大雪でしたね。

皆さまの住む地域はいかがでしたでしょうか。

おおたかの森店周辺もだいぶ積もりまして、帰るのが大変でした。

 

とは言えあの大雪で極寒の中、遅れてでも電車を動かす人がいて、

寒さから逃れるために入ったお店で暖かい飲み物を提供する人がいて、

その人たちも帰るのが大変なのは同じなのに・・・

どこかしらでみんなが協力し合っているんだなぁと感じました。

 

 

さておおたかの森店内はセールも落ち着きまして、

少しずつ春を感じる内装へと変わりつつあります。

 

IMG_0255
 

IMG_0253
 

IMG_0256
 

これから春本番に向けてさらにワクワクするような店内を、

あーじゃないこーじゃないと言いながらスタッフたちと考えている最中です。

 

皆さまもお楽しみに!!

 

 

そんなスタッフたちと一緒に先日、流山おおたかの森駅より2駅お隣の

柏の葉にて新年会を行いました。

 

IMG_0216
 

6年前、アクタスおおたかの森店はアクタス柏の葉店として

柏の葉ららぽーとの中に店舗がありました。

その時とは街がだいぶ変わっており、なんだか新鮮な気分になりました。

 

IMG_0215
 

そして柏の葉キャンパス駅より歩いて10分ほどの所に柏の葉T-SITEがあり、

 

IMG_0214
 

そのすぐ隣にある、「THE MEAT DUTCH」という

群馬県産赤義城和牛や地場野菜を中心としたグランピングレストランに

スタッフみんなで行きました。

 

IMG_7102
 

かんぱーい!

 

IMG_7104
 

IMG_0224
 

IMG_0229
 

IMG_0223
 

今回はコース料理で注文しましたが、

あまりの美味しさと嬉しさについ飲みすぎてしまいました。

 

IMG_7096
 

食後は自分たちで豆を挽いてコーヒーを入れたり、

デザートを食べて大満足。

 

食事が美味しいのはもちろんですが、

店内の雰囲気もオシャレでかっこよかったです。

 

機会があればぜひまたみんなで行きたいです。

 

IMG_0252
 

これからもお客様が楽しんでいただけるように

日々勉強をしていきたいと思います。

 

皆さまのご来店をお待ちしております。

 

Y

 

月刊テンチョー

date. 2017/11/21

皆さま、こんにちは。

 

11月に入りましたがついこの間まで日中はポカポカしていて

今年の冬は暖かいなあ~なんて思っていたのですが

一昨日くらいから急に寒くなりましたね。本格的に冬が始まりました。

皆さま、風邪などには十分お気をつけ下さいね。

 

いつもであれば休日はカフェやショップに行くことが多い私ですが

こんなに寒いんじゃ外にも出られません。アイラブこたつです。

 

ですが家の中でじっとしていることができない私は、

先日、自宅用にアクタスのFABRICIAというブランドのカーテンを

購入したことを思い出し、少し家の模様替えをすることにしました。

 

s-IMG_0097
 

FABRICIAとは、Fabric(布)とRicia(水草)を合わせた言葉。

美しい布が部屋の中で水草のように広がっていくことをイメージしました。

 

s-IMG_0098
 

おおたかの森店にはお店の奥にテラスがあり、

自然光がたくさん入る大きな窓があります。

そちらにFABRICIAを展示しておりますので、より自宅で使ったときの

イメージがしやすくなっておりますので見にいらしてくださいね。

 

s-IMG_0085
 

毎日FABRICIAを見ているうちにどんどん自分もほしいという気持ちが増し、

ついにティアンという素材のカーテンを購入しました。(右側)

先ほどのお店の写真でいうと、左から2番目にあるネイビーのものです。

 

ティアンは透け感が美しく、質感を高める為に麻糸を混ぜ、

柔軟加工で仕上げたという特徴のあるカーテンです。

 

この写真だと、右も左もどちらもストライプのカーテンに見えますが、

左のストライプの写真の手前にティアンを付けていて、

ティアンの素材越しに透けてみえるストライプのカーテンが

とても綺麗になりました。

 

 

そして我が家のお兄ちゃんの部屋用に

ブラインドのカーテンも購入してみました。

 

s-IMG_0092
 

タチカワブラインドのスレートグレーのツヤ消しです。

 

従来のアルミブラインドは光沢があり、カラフルなものが多いのですが

ツヤ消しだと少しモダンな雰囲気になります。

お兄ちゃんの部屋が大人っぽくなり、とても満足です!

 

 

私の休日はこれでは終わりません。

私は根っからのDIY好きで、なんでも作ってみたくなっちゃいます。

 

s-s-DSC_0936
 

そこで、以前から気になっていた我が家の愛猫ミーちゃんのトイレを

少し改良することにしました。

 

1階のトイレがミーちゃん専用でしたが、出入りに少し問題がありました。

 

s-IMG_0073
 

自分で入れない。

これでは行けません。

 

今回はミーちゃん専用の入り口を作ることにします。

 

まずは扉の下の方をドリルで穴を開け、細いノコギリで穴を開けます。

その際に扉の内側も加工しなくてはいけないので、

 

s-IMG_0074
 

100円ショップで購入したジュエリーBOXを少し加工し、はめ込みました。

 

s-IMG_0075
 

意外にもぴったり。

 

その次はグレーのペンキで扉を塗ります。

 

s-IMG_0081
 

s-IMG_0080
 

まだ仕上がっていませんが、こんな感じです。

このあと、先ほどのFABRICIAのティアンの布を扉のように付けてみました。

 

そういえば最近少し大きくなってきたミーちゃん。

通れるのか不安だったので、ちょっと入ってみてもらいました。

 

s-IMG_0084
 

こっ怖いです!まるで家政婦は見た!の市原悦子さんのように

こっちをジッと見ています。

 

 

カメラを待ち構えているからでしょうか、待っても待っても出てきません。

長期戦です。

 

 

少し油断をしていたら急に出てきました。

 

s-IMG_0090
 

ぬっ

 

s-IMG_0089
 

通れました!!!

 

最近携帯をiPhoneに替え、手振れが無くなったと安心していたのですが

あまりに突然のことすぎてさすがのiPhoneでもピンボケしてしまいました。

 

ミーちゃんとの戦いはこれからも続きます。

 

 

我が家の家の扉はほとんどペンキで塗っていて、

子供部屋は子供が小さい頃にみんなで真っ赤に塗ったりしていました。

 

3階の扉は、私の好きな色にしています。

 

s-IMG_0093
 

あざやか!!涼しげ!!

次はなんの色にしようか、今から楽しみです。

 

 

では皆さま、来月の月刊テンチョーでまたお会いしましょう。

 

 

Y

 

月刊テンチョー

date. 2017/10/24

こんにちは。

 

皆さまの住む地域は台風の影響はいかがでしたか。

流山市も丸一日、強風と雨が続いていました。

そんな中でも足を運んでくださったお客様、本当にありがとうございます。

 

私は先週連休を頂き、いつものように出かけたりしたかったのですが、

残念ながらすべて雨。。

 

そういった日は家でゆっくりするに限る!

そうだ、本を読もう!

ということで、今回は私のオススメの本をご紹介したいと思います。

 

IMG_0049
 

サッカー日本代表キャプテン、長谷部誠さん 「心を整える」

 

ご自身がキャプテンとしてチームをまとめていく上で、

習慣にしている事や、意識している事などが書かれています。

 

私もこれを読むと一旦、気持ちををリセットすることが出来ます。

サッカーのキャプテンとしてだけではなく、社内リーダーの方や、

ちょっと最近イライラが続くなぁ、、といった方へ本当にお薦めできる一冊です。

 

そして私としましては、本の読み方にもこだわりたいところです。

この本を読むならセブンチェアーがおすすめ!

 

IMG_0062
 

決して長く読み続けるのではなく、寝る前や、一息つきたい時に

一項目を読む。そんなときにセブンチェアーがあったら最高ですね。

 

 

そして本の中で長谷部さんが影響を受けた本として紹介されていて、

私も読んでみてとても参考になった本があります。

 

IMG_0050
 

D・カーネギー 「人を動かす」

 

「相手の立場に立って物事を考える」という事は、

当たり前の事ではありますがなかなか難しいこと。

そんなときに人と上手く関わるためのヒントがたくさん書かれてあります。

 

この本はじっくりゆっくり、時間をかけて読みたいので

Yチェアーがオススメです。

 

IMG_0064
 

最初は正面から座り、疲れてきたら斜めを向いたり、

横向きに座ったり、、様々な座り方ができるイスなので、

時間がたっても疲れません。

 

 

そして私は普段あまり小説は読まないのですが、

池井戸潤さんの本は好きなのです。

 

IMG_0047
 

その中でもオススメは、「七つの会議」

 

中堅電機メーカーで起こった不祥事に巻き込まれていく

社員たちを描いた一冊。

人物と会社、お金、経営などのリアルな内容に引き込まれます。

 

この本を読むときはソファーに横になって読みたいので

3350ソファーがオススメです。

 

IMG_0054
 

アームが太いので、頭を乗せて横になって読みたいです。

そのままソファーで寝ちゃったら、、幸せですね。

 

 

そして最後は、インテリアショップで働く私がとても参考にしている本です。

 

IMG_0048
 

「THE LIFESTYLE CATALOG」

 

日本の家庭のお部屋の写真から、海外の家庭のお部屋の写真まで

幅広く載っている一冊です。

家具だけでなく、家にもこだわったオーナーの方々のお部屋なので

とても見ごたえがあります。

 

この本は大好きなイームズのイスでぜひ!

 

IMG_0060
 

シェルチェアは、20世紀モダンデザインの流れを作った

チャールズ&レイ・イームズの名作で、

ミッドセンチュリー期を語るうえで欠かせない存在。

 

そんなイスでコーヒーでも飲んで、

理想とする将来の自分の家やお店を想像しながら

休日にのんびりと読みたいです。

 

 

どうしても天気が悪いときは気分がどんよりしがちですが、

そんなときにしかできない休日の過ごし方を見つけていきたいものです。

 

IMG_0040
 

雨でも幸せそうにぐっすりと眠る我が家の愛猫みーちゃん。

毎日変な体制で寝ています。それで寝やすいのか、、?

 

 

アクタスおおたかの森店には、雨の日でも楽しく休日を過ごせる

アイテムなどが多数揃っております。

 

ぜひお店にいらしてくださいね。ご来店をお待ちしております。

 

Y

 

皆さまこんにちは。

いつもおおたかの森店のブログをご覧頂き、ありがとうございます。

 

夏休みももう終盤ですね。

今年は不安定な天候が続き、夏らしさをあまり感じることのないまま

8月が終わってしまいそうです。

 

 

さて今日は8月22日ですが、昨日の21日は私にとってとても思い入れのある日。

皆さま、一体何の日だと思いますか?

 

8月21日は私の大好きなイームズの命日なのです。

今日はそのイームズのお話を少しだけさせて頂きたいと思います。

 

s-DSC_3508
 

チャールズ・イームズ(1907-1978)は、レイ(1912-1988)と夫婦で

イスや建築、映像、カメラ、テキスタイルなどをデザインし、

アメリカで活躍しておりました。

 

そしてチャールズが亡くなった8月21日の10年後、

同じ8月21日にレイも亡くなっております。

二人は通じ合っていたんだなあ、と思えるエピソードですよね。

 

 

以前にも月刊テンチョーでお話したことがございますが、

私は、約10年ほど前からイームズやファイヤーキングなどの

1950年代~1960年代のデザインの、シンプルで長く使えるアイテムに

とても興味を持ちました。

 

それからは様々なショップを見たり、書籍を購入したりなどして

ちょっとずつ勉強をしています。

 

s-DSC_3505
 

それがきっかけで、その当時のアメリカ、北欧、日本のイスや

雑貨を集めるようになりました。

 

s-DSC_1004
 

こちらは私が初めて購入した、イームズチェアーです。

おそらく1960年代のFRP製(繊維と樹脂を用いてプラスチックを補強したもの)のものです。

 

その後、様々な出会いがあり、

我が家にはどんどんイスが増えていくわけです…

 

s-DSC_0628
 

ダイニングでも活躍中です。

 

s-DSC_1002
 

我が家の愛猫みーちゃんもお気に入りのイームズチェアー。

 

s-DSC_0936
 

少しご機嫌ナナメのようです。

 

s-DSC_0409
 

そんなイームズチェアーはアクタスで購入することもできます。

残念ながらヴィンテージの取扱いはございませんが、

当時生産していメーカーと同じハーマンミラー社から仕入れをしております。

 

現在おおたかの森店で展示しているイームズチェアーの中から、

 

s-DSC_3506
 

こちらはFRP素材のアームチェアー・ロッキングタイプです。

ソファーにも合うイージーチェアーとして展示を始めてみました。

ゆっくり座ってみると、身体をすっぽりと包み込む形状なので

とてもリラックスできますよ。

 

今回はぎゅっと縮めてお話しさせて頂きましたので、

この続きのイームズストーリーはぜひ店頭でお話しさせてくださいね。

 

 

そしてそして、、

8月26日より新しくキャンペーンがスタートします。

 

モニターブログ用画像
 

8月26(土)~10月31日(火)

アクタスのこども家具をスペシャル価格でご購入頂けます!

 

もしお子様用の家具でお探しの方は、

この機会にぜひご利用くださいませ!

 

詳しい内容につきましては、次回のブログでお話しさせて頂きますので

皆さま、お楽しみに~♪

 

 

Y

 

月刊テンチョー

date. 2017/07/25

こんにちは。

暑い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

先日この暑い中、葛飾区金町まで行ってきました。

車で涼しく行こうとも考えましたが、健康のことも考え、

夏休み中の娘の自転車に乗って行くことに。

 

ですがこのときの私はまだこの暑さと紫外線を甘く見ていました。

自転車をこいでいただけなのに、海に行ったのか?というぐらいに焼けて、

おおたかの森店のスタッフたちからは「火傷ですか?」と言われました。

 

ともあれ、たまには自転車でのんびり走るのも良いものです。

遠くに聳え立つスカイツリーを眺めながら土手沿いを走ったり、、

 

s-DSC_3424
 

その近くにあるゴルフコースを眺めたり、、

 

s-DSC_3437
 

なんて良い休日。

久々に自転車に乗ったものですから、この時点ですでにお尻が痛かったです。

 

用事を済ませた後、金町駅近辺を散策してみました。

 

s-DSC_3434
 

いつも通勤中の電車から見ていたレンガ造りの建物。

気になっていたので、良い機会だし行ってみることにしました。

 

s-DSC_3426
 

調べてみると、この地は大正6年から平成15年まで三菱製紙中川工場があったそうです。

どうやらこの建物はその頃の名残かと。

 

この建物をリノベーションして、インテリアショップやカフェを

オープンさせたらかっこいいな!なーんてことを考えていました。

 

 

この周辺は下町と呼ばれていたのですが、現在は大学やマンション、

公園などができて、昔とは大きく変わりました。

 

s-DSC_3436
 

こんなに素敵な町並みも。

 

と、ここまでで私の足腰は限界を迎えたので、

近くのカフェで休憩をすることにしました。

 

s-DSC_3418
 

Cafe hakuta さん。

 

古いマンションの一階を自分たちでリノベーションして

カフェをオープンさせたようです。

 

s-DSC_3413
 

s-DSC_3416
 

s-DSC_3417
 

今回はランチセットを注文しました。

サラダからデザートまでとても美味しかったです。

 

インテリアの勉強も兼ねて、毎回写真を撮るようにしており、

最近写真の構図がだいぶ上手くなったのでは?と思っているのですが

いかがでしょうか?

 

s-DSC_2148
 

懐かしの、第一回目の月刊テンチョーの写真。

写真がブレてる!とスタッフたちから言われてしまいました。

今同じ写真を撮ったらもっと良い感じで撮れるのかな~、、

 

 

この後は、ここからまた松戸までサイクリング!

朝8時半から14時半まで約6時間も自転車を漕ぎ続け、身体が限界、、

でもとても良い休日を過ごすことができて大満足です。

 

今回のお土産。

 

s-DSC_3419
 

リサラーソンのネコの置物。

ずっと欲しかったものなのでとても嬉しいです。

 

s-DSC_3411
 

帰ったら愛猫のみーちゃんも、最近のお気に入りの宅急便の箱の中で

暑さにやられてぐったり。そりゃこんなに暑いもんね。

 

これから猛暑が続くことが予想されますので、

皆さまも体調にはくれぐれもお気をつけくださいね。

 

Y

 

月刊テンチョー

date. 2017/06/16

皆さま、こんにちは。

 

関東地方も梅雨の時期に入り、だんだんと雨の日も増えてきましたね。

私は雨が嫌いなので、、早く梅雨明けしてくれることを願うばかりです。

 

s-DSC_3398
 

そして私の休日はTシャツ・デニムで過ごす日が多く、

夏が待ち遠しいです。

 

月刊テンチョーでもおおたかの森店近辺のインテリアショップや

カフェをご紹介してきましたが、古着屋さんに行くことも大好きで、

行っては洋服を見つつディスプレイなども見て、売り場作りのヒントを模索しています。

 

そしてひとつのアイデアが。

 

「アクタスで取り扱いのある家具が、もし古着屋さんで使われていたら

どうなるのかな~

古着屋さんで使われていたらお洒落な家具ってあるかな~、、」

 

あ、あれなら合うかもしれない!

 

s-DSC_3399
 

H.W.Fシリーズ

もともとデンマークのユーズド家具のデザインを当時とまったく同じ工程で

現代の作り手の方たちによって受け継がれています。

 

古着も、古くなったから捨てるのではなく、古くなっても

使い続けることができる定番品だからこそ愛される。

そんな考え方は、”家具”も”服”も”雑貨”も同じように感じます。

 

ということで、、

 

s-DSC_3397
 

古着屋さんっぽくしてみました。

月刊テンチョー限定ディスプレイです。

 

s-DSC_3381
 

s-DSC_3387
 

サイドボードの扉を外すと、こんな感じになります。

TシャツやLL Beanのカバンも生き生きしています。

 

s-DSC_3386
 

私のコレクションでもあるファイヤーキングのマグカップも

飾ってみました。

 

s-DSC_3392
 

イメージ通りにマッチしていました。

古着が好きな方や、小物雑貨を集めている方はいかがですか?

 

おおたかの森店の周辺にはたくさん素敵な古着屋さんがございますので、

アクタスおおたかの森店にいらしたあとに是非行ってみてください。

 

”H.W.Fシリーズ”には他にもいくつかの種類がございますので、

ぜひご覧になってみてくださいね。

 

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

Y

 

月刊テンチョー

date. 2017/02/07

皆さま、こんにちは。

いつもおおたかの森店のブログをご覧頂き、ありがとうございます。

 

気づけば2017年が始まってからもうひと月が経ってしまったのですね。

春はもうすぐそこ…ですがまだまだ寒い日が続いています。

体調管理には気をつけていきたいものですね。

 

 

さて今回は、家族で食べに行ったハンバーガー屋さんをご紹介いたします!

 

ハンバーガーといえば、先日、富士見店のM店長がブログで

目黒にあるオシャレなハンバーガー屋さんの紹介をしていました。

彼はいつも自転車で色々なところへ足を運んでいるそうで、、

さすがに私は流山から自転車で目黒まで行けません、、さすがですね。

 

 

s-DSC_1715
 

さて、今回は埼玉県越谷市にある「TOY BOX CAFE」に

ハンバーガーを食べに行きました。

 

s-DSC_1716
 

外見はポップな2階建ての可愛らしい赤い建物です。

 

入ってみると、、

 

s-DSC_1739
 

1階はJカウンター席になっており、

壁面には私も大好きなファイヤーキングがずらりと並べられていました。

圧巻の景色!

(毎度お馴染みのピンボケ写真で申し訳ございません。)

 

s-DSC_1717
 

今回は2階の席におじゃましました。

 

席に座り、見上げてみると、、

 

s-DSC_1721
 

s-DSC_1727
 

いたるところに、可愛らしいヴィンテージのおもちゃたち!

コレクターの私には、たまらない風景です。

 

さっそくハンバーガーを注文!

 

s-DSC_1732
 

ビーフ100%の、手作りハンバーガーを注文しました。

ボリューム満点で、とても美味しかったです!

他にもハンバーガーメニューが豊富でしたので、皆さまもぜひ!

 

 

可愛い建物、ポップなおもちゃたち、カラフルな食器。

まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなこちらのカフェは、

使われているイスにもこだわりが…

 

s-DSC_1720
 

そう、ご存知の方も多い、イームズのヴィンテージチェアー!

色もカラフルで、シートにパディングしてあるタイプです。

数十年前に作られたとは思えませんね。

 

s-DSC_1735
 

こちらで使われているのはスタッキングベースなので

積み重ねができて、カフェやオフィスにはもってこい!のタイプ。

 

イームズのイスがここまで世界で愛されているのには、

レッグ(脚)の種類が豊富なことも要因の一つです。

 

s-DSC_3038
 

おおたかの森店では、ヴィンテージのイームズチェアーは取り扱っておりませんが、

現行のものは取り扱いがございます。

左がワイヤーベース、右がダウエルベースとなっております。

もちろん、当時と同じハーマンミラーのものです。

 

このようにダイニングテーブルに合わせるほか、

 

s-DSC_3040
 

このようにキッズデスクに合わせても可愛い!

こちらはFRP素材(繊維強化プラスチック)のグリーンと、

レッグはブラックの組み合わせです。

 

FRP素材でできているので、長持ちしますし、とても軽くて強度があります。

そして汚れも落としやすいので、お子様が汚してしまっても安心ですね。

 

s-IMG_5501
 

このように、デスクに合わせてもオシャレ。

お父さん用のデスクとしてはもちろん、お子様用のイスを揃えて並べれば

親子で使えるデスクになりますよ。

 

イームズチェアーは組み合わせのよって

様々な表情を作り出すことの出来るイスです。

組み合わせ次第では、ダイニングから子供部屋まで幅広く活躍します!

我が家でも愛用中です♪

 

皆さま、是非一度お店にいらしてください。

もっと楽しいチェアーの話を一緒にしましょう!

お待ちしています。

 

Y

 

月刊テンチョー

date. 2017/01/17

アクタスおおたかの森店のブログをご覧の皆さま、こんにちは。

明けましておめでとうございます。店長のYです。

 

ここのところ日本海側は寒波の影響で大雪のようですね。

その影響か、ついこの間おおたかの森にも雪が降りました。

空は明るいのに雪が降っていて、幻想的でした。

 

 

さて、先日私はおおたかの森店スタッフと一緒に

勉強も兼ねて、少し出かけてきました。

 

s-DSC_2977
 

まずは、茨城県つくば市にある「STYLE SHOP つくば店」へ。

 

s-DSC_2972
 

アクタスで販売している商品もありますが、他社の家具や

ヴィンテージ家具なども多数あります。

店内はとても開放感があり、居心地のよい空間となっていました。

 

s-DSC_2996
 

2017年の干支は「酉」!そして私も酉年生まれ!

ということで、フェルトでできた鳥のおうちを購入。

中には、集めている人形を入れて飾っています。

 

 

s-DSC_2519
 

s-DSC_2981
 

その次は、以前もご紹介させて頂いた、

茨城県つくば市にある「Black Board つくば店」へ。

 

s-DSC_2499
 

中にはレストランとヴィンテージ家具ショップがあり、

今回は私とスタッフの3人でランチ休憩をしました。

 

s-DSC_2513
 

s-DSC_2516
 

ランチを終え、ヴィンテージ家具ショップへ。

 

こちらでは、以前より探していた

Hans J Wegnerの絵本を購入。

 

s-DSC_2997
 

s-DSC_2999
 

Hans J Wegnerとは、皆さまご存知の、

Yチェアーを作った人物です。

 

かなりマニアックではありますが、待望でした。

 

s-DSC_0841
 

s-DSC_0836
 

こちらは私の家にある、20年前に購入したYチェアーです。

元はビーチ材で真っ白でしたが、20年経過するとこんなにも味が出てきます。

世界に一つだけの、我が家の大切なイスです。

 

 

その後はもう一軒、行きつけの古着屋さんへ行きました。

が、この日はお休み。残念。

 

s-DSC_2983
 

s-DSC_2985
 

まるでアメリカンハウス。かっこいいですよね。

 

 

s-DSC_2606
 

s-DSC_2608
 

そして最後は千葉県柏市にある「chair-chair」へ。

 

s-DSC_2596
 

s-DSC_2986
 

イームズをはじめ、アメリカのヴィンテージ品がたくさん揃っています。

こちらでは、アメリカのおもちゃを購入。

 

s-DSC_2991
 

かわいい!またコレクションが増えました。

 

スタッフと一緒に、楽しく勉強ができました。

また色んなところに出かけてみたいです。

 

そして、皆さま、2017年もアクタスおおたかの森店を

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

Y

 

月刊テンチョー

date. 2016/11/08

皆さまこんにちは。

お久しぶりです。

最近急に寒くなってきて、朝がつらいYです。

 

久しぶりの月刊テンチョーです。

今回は、私が10年前に出会った一つのイスの話をさせていただきますね。

 

ある日私は、アクタスでまだイームズのイスの取扱いがなかった時代に

本で見たイームズのイスに興味を持ちました。

 

「なんかシンプルだけど、カッコイイ…!」

 

そしてまたある日、リサイクルショップに行ってみると

イームズ (?) のイスがあったので、思い切って買ってみたのです。

うれしくて家で本を見て「どのモデルかな~」と探しましたが、

ビミョーに同じ形がないのです…。

 

s-DSC_0970
 

左のイスです。

 

よく裏を見たら、イームズを取り扱っているハーマンミラーの

サインがありませんでした 。

「あっ、もしかして偽物を買ってしまった予感…」(涙)

 

ドキドキしてもう一度よく見直したら、

『コトブキ』とローマ字で書いてありました。

そしてその下に、『ケンモチ デザイン』と書いてありました。

 

そこで、さらに興味を持った私は、そのことについて色々調べてみました。

そうすると、シェルチェアをデザインした”チャールズ・イームズ”と、

”剣持 勇”という日本人が関係している事がわかりました。

 

s-DSC_2949
 

左側:剣持 勇

右側:チャールズ・イームズ

 

今現在でも日本でたくさん使われているイームズのイスは、

今から60年以上も前にチャールズ・イームズがイサム・ノグチを介して

2脚のイームズチェアを持ち込んだことから、日本に広まっていったのです。

 

その一つが当時、日本のプロダクトデザインのパイオニアであった、

剣持 勇の目にとまりました。

 

彼は、初めて見たイームズのイスに興味を持ち、

その後イームズ夫妻と親交を深め、

日本でも FRP(繊維強化プラスチック)を使ったイスを作りたい!と思い立ち、

コトブキと言う会社と一緒に国産の FRP チェアができました。

私が初めて買ったイスがその時代のものです。

 

昔の駅のベンチもイームズのイスに似ているな~と感じましたが、

コトブキで作られていたそうです。

似ているのも納得ですね。

 

 

剣持 勇デザインのイスをあまり知らない方でも、

絶対見たことがあるアイテムがこれです!

 

s-DSC_2946
 

そう、皆さまご存知、ヤクルトのこの独特な容器のデザインを手がけたのも

彼なのです。なんか身近な存在に感じてきました。 (笑)

 

 

当時のデザイナーの中には、イームズに影響を受けた方も多く、

最初の写真に写っている左のイスの下にある量り (はかり)も

有名な方がデザインしたのです。皆さまご存知でしょうか?

 

バタフライスツールなどで知られている、”柳 宗理”という方です。

 

s-DSC_2950
 

実は彼もイームズと親交があり、コトブキでつくったイスがあります。

 

s-DSC_2942
 

正面から…

 

s-DSC_2945
 

側面から…

どこかイームズのイスに似てますよね!

 

今現在、日本でも同じようなイスはたくさんありますが、

ほとんどがイームズを始め、当時のデザインが基本となって、

その後日本で改良されたことが良くわかります。

 

私は、そんな昔からあるデザインで、なおかつ今でも

使い続けることができるプロダクトが大好きです。

 

お値段は少し高く感じるかもしれませんが、時が経つごとに

どんどん愛着がわいてくるとっても素敵な家具なんです。

 

今回のご紹介した2脚のイスはあくまでも私物なので販売はしていませんが、

アクタスの家具も長くお使いいただける商品ばかりです。

皆さんに知っていただきたいので、お時間ありましたらぜひお立ち寄りください。

 

ご来店、心よりお待ち致しております。

 

 

そして…

 

ただいまおおたかの森店では、これからのギフトシーズンに向けて、

おすすめのアイテムを多数ご用意いたしておりますので、

そちらもぜひお店でチェックしてみてください!

 

それではまた来月お会いしましょう!

 

Y

 

back
to TOP