shop blog

アクタス・おおたかの森店 アクタス・おおたかの森店

< ショップ詳細に戻る

INFO.
5/16より営業再開いたしました。
短縮営業10:00~20:00となります。
ADDRESS
〒270-0139 千葉県流山市おおたかの森南1-5-1 流山おおたかの森S・C 2F
TEL
04-7178-5671
OPEN
新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、営業時間の変更・休業の場合がございます。最新の営業状況はこちらをご覧ください 

Posts Tagged ‘デザイナーズチェア’

皆さん、こんにちは。

 

おおたかの森店、ブログ担当Tです。

 

最近は台風2連続で天気が悪く、週末のお出かけもままならない感じでしたが、

いかがお過ごしでしょうか?

 

本日はやっと週末に天気が戻り、お出かけ日和でしたね。

秋の紅葉もやっと楽しめそうです。

 

 

さて、本日はおおたかの森店に入荷した新商品のご案内を致します。

今回は外が気持ちよかったので、商品は外で撮影してみました。

 

IMG_6510
 

背もたれから肘掛けまで一体化した形成合板と、スチールレッグの組み合わせが

モダンな印象を与える、特徴的なチェアです。

 

IMG_6516
 

こちらはイギリスのミッドセンチュリーに活躍した、

『Robin Day(ロビン・ディ)』1915 – 2010

が、1952年にデザインした『675 Chair』です。

Robin Dayといえば、1963年にデザインされたポリプロピレンのスタッキングチェア

『ポリプロップス』が有名ですが、こちらはそれより以前にデザインされました。

 

IMG_6514
 

当時としては最新の素材であった形成合板を3次元加工し、

背もたれと肘掛けを一体化しているのが最大の特徴です。

 

IMG_6515
 

肘掛のアーム部分と、LEGを接合する部分には真鍮を使用して、

落ち着いた雰囲気を出しています。

 

IMG_6518
 

前からの姿も、後ろからの姿も特徴的です。

 

IMG_6520
 

座面は広く、ゆったりと掛けられます。

 

現在は、イギリスのCASE社が製造と販売を行い、4種類の仕様違いがございます。

おおたかの森店では現在2脚を展示しています。

 

IMG_6513
 

こちらはブラックのスチールレッグにファブリック座面のタイプです。

 

IMG_6526
 

ブラックレッグでシックな印象。

 

IMG_6523
 

ファブリックの座面で柔らかな印象を与えます。

 

そして、もう一脚はこちら。

 

IMG_6512
 

こちらはクロームのレッグにレザー座面のタイプです。

 

IMG_6525
 

モダンな印象を与えるクロームレッグ。

 

IMG_6521
 

レザーの座面は高級感が出ます。

 

この他にも、ブラックのレッグにレザー座面、

クロームのレッグにファブリック座面もございます。

 

 

価格は全て44,000円(税抜き)

 

この価格は、製造元であるCASE社が、優れたデザインの家具を適正な価格で

流通させようとする考えから生み出された、とても良心的な価格です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ミッドセンチュリーデザインは数多く存在しますが、

その中でもちょっと珍しいプロダクトのご紹介でした。

 

IMG_6519
 

3連休は、ミッドセンチュリーのデザインを発見しに、

是非おおたかの森店に遊びにいらして下さい。

 

スタッフTでした。

 

今月の店長 vol.4

date. 2013/11/01

 

こんにちは!

おおたかの森店ブログ「月刊テンチョー」も
残すところあと2回となりました。

ぜひ最後までお付き合い下さいませ。
さて私は最近、旅に行ってきました。

題して“名作を巡る旅~北欧編~”

といっても場所は東京都内のみですが。。。

その出発点は銀座の「セントル・ザ・ベーカリー」から。

ここはバゲットで有名なVIRONを経営される方が
本当においしい食パンを提供するために作られたお店。
そう、パン屋さんです。

なぜ北欧の名作とつながりがあるかと言いますと
お店の内装に対してのこだわりがすごいのです!

というわけで早速入店、と思いきや予想外の看板が。

なんということでしょう、この計画性のない旅路は。

アルネ・ヤコブセンのエッグチェアに座りながら
パンを食べようと思っていたのに。。。

ルイスポールセンの照明によるやさしい光に包まれ、
巨匠の家具でしつらえられた空間で食事をとる時間は
まるで北欧にいるかのような気分、、、のはずでした。

また次回チャレンジしたいと思います。

さて、気をとりなおして次は青山SPIRALへ、
そう「ハンス・ウェグナーの椅子展」です。
※現在イベントは終了しております。



 

e794bbe5838fe291a4

 

 

きっと行かれた方も多いはず。

生涯に500脚以上の椅子をデザインした言われ、
Yチェアやラウンドチェア(通称ザ・チェア)など
数々の名作を生み出してきました。



 

e794bbe5838fe291a5

 

e794bbe5838fe291a6

 

 

今まで写真でしか見ることができなかった椅子ですが
実際に座ることができるものたくさんあり、
名作たちを体感することができる貴重な機会でした。
そして旅の終着点はアクタス青山店です。

じつはこの日、青山店では
「6人のデンマークデザイナー展」が行われていました。
※現在イベントは終了しております。



 

e794bbe5838fe291a7

 



2012年、フィン・ユール生誕100周年を記念して
デザインコンペティションが開催され
6名のデンマーク人がコンペに参加しました。

イベントではコンペに参加した
キャスパー・サルト&トマス・シグスゴーの作品と
リ・プロダクトされたフィン・ユールのFJ-51が展示され、
4名のデザイナーが来日していました。

 

 

e794bbe5838fe291a8

 

e794bbe5838fe291a9

 

キャスパー・サルト&トマス・シグスゴーとその作品



 

e794bbe5838fe291aa

 

リ・プロダクトされたフィン・ユールのFJ-51

 



e794bbe5838fe291ab

 

イベントの様子

そしてこのコンペに参加した一人である
ハンス・サンガイン・ヤコブセンのチェアが
おおたかの森店でもご覧頂くことができます。

 

 

e794bbe5838fe291ac

 

HORSE SHOE CHAIR

貴重なマホガニー材を使い、
デザイン性だけでなく座り心地も追求した
その椅子の価値は写真だけでは表現しきれません。

この質感をぜひ店頭で体感下さい!
みなさまのご来店お待ちしております。

 

to TOP